atcoder-cli インストールガイド

Category: dev

atcoder-cliのインストール方法を解説していきます。

わかる人向け

$ pip3 install online-judge-tools
$ npm install -g atcoder-cli

以上です。

インストールガイド

atcoder-cliをインストールするためには、Node.js環境が必要です。 また、Python3で動作するonline-judge-toolsを併用することを強く推奨しているため、こちらも同時にインストールします。

※ 以後、コマンド例の行頭の「$」はターミナルのプロンプト記号を表しているため、実際に入力する必要はありません。 $より後の部分を入力して実行してください。

事前準備:WindowsでWSLを使う場合

Windowsの場合、直接言語環境をインストールする方法と、WSLを使う方法があります。 どちらを使用するかはお好みですが、Linuxの使い方がわかるという方はWSLを選択するとよいでしょう。 WSLを使う場合は設定より有効化し、ストアからUbuntuなどのLinuxディストリビューションをインストールします。

WSLのインストール後は、Linuxの場合のインストール方法を参照してください。

事前準備:Macの場合

Homebrewの使用を想定します。 brewコマンドが存在しない場合、以下のコマンドをターミナルで実行することでインストールしてください。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

実行が完了したら、

$ brew -v

コマンドをターミナルで実行して、エラーなどが起きずにHomebrewのバージョン名が表示されていることを確認してください。

必要な環境のインストール

Python3とNode.jsの両方をインストールしてください。 OSごとにインストール方法が違うため、お使いのOSの欄を参照してください。

環境によってはもう少し良いやり方がある場合もありますが、この記事では少ない手順でインストールが完了することを目的として方法を選んでいます。

Windows

Python3

公式インストーラーよりPythonをインストールします。 最新バージョンの”Download Windows x86-64 web-based installer”からインストーラーをダウンロードし、実行してください。 インストール時に、”Add Python 3.x to PATH”のチェックを忘れずに入れるようにしましょう。

Node.js

公式インストーラーよりNode.jsをインストールします。

Mac/Linux

端末コンソールを開いて作業をしてください。

Python3

Linuxの場合は、brewのかわりにディストリビューションごとのパッケージマネージャを使用してください。

$ # Macの場合はこちらを実行してください
$ brew install python3
$ # UbuntuまたはDebianを使用している場合はこちらを実行してください
$ # 他のLinuxディストリビューションを使っている人はこんな記事を読むまでもなくインストールを終わらせていると思われるため触れません
$ sudo apt-get install python3
Node.js

パッケージマネージャによって古いバージョンのNodeしか手に入らないことがあるので、nvmを使ってインストールします。

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.11/install.sh | bash

このコマンドの実行が完了したら、一度ターミナルを閉じてください。 新しいターミナルを開き、続きのコマンドを実行します。

$ nvm install node
$ npm install -g npm

atcoder-cli, online-judge-toolsのインストール

言語環境のインストールが正しく行われていることを確認します。 Windowsの場合はコマンドプロンプトを、Mac/Linuxの場合は端末コンソールを開いてください。

pip3 -V

と入力してエンターキーを押し、バージョン番号が表示されることを確認してください。

同様にして、

npm -v

を実行し、バージョン番号が表示されることを確認してください。

「コマンドが見つかりません」や「command not found」、それに似たメッセージが表示される場合はPython3およびNode.jsのインストールに失敗している可能性があります。 その場合は再度手順を確認してインストールし直したり、「Python3 インストール (+OS名)」などで検索して調べてください。

問題がなかった場合は、atcoder-cliおよびonline-judge-toolsのインストールを行います。

npm install -g atcoder-cli
pip3 install online-judge-tools

とそれぞれ入力してエンターキーを押すことで、atcoder-cliとonline-judge-toolsがインストールされます。

acc -h
oj -h

とそれぞれ入力し、ヘルプが表示されることを確認してください。

ここまででインストール作業は完了です。

atcoder-cli チュートリアルに進み、atcoder-cliの基本的な使い方を確認しましょう。